ローコスト住宅とは?メリットが一杯!

ローコスト住宅は、注文住宅の中でも特にコストをおさえて建てられる家のことです。安く建てられるのは、建材やシンプルな間取り、人件費、広告費などを限りなく削減しているためです。そんなローコスト住宅最大のメリットはもちろん、一般的な注文住宅より安く家が建てられるところにこそあります。一般的な注文住宅の平均と言われる3千万円前後に対して、ローコスト住宅であれば1~2千万円程度でマイホームを手に入れられます。また、総額が安い分住宅ローンが組みやすく、支払いの負担も少なくなります。そのほか、使用建材が決まっていることが多い分、工期が短くなりやすく、後のリフォームや建て替えやすいところもローコスト住宅ならではのメリットです。

ローコスト住宅の知っておくべきデメリット

ローコスト住宅には価格の安さ以外にも、さまざまなメリットが詰まっています。ただ、デメリットがないわけではありません。そもそもローコストな分、注文住宅の中でも設計の自由度がかなり制限されてしまいます。注文住宅ではあるものの、自分の理想を追求するのが難しい点には注意が必要です。また、設備のグレードが低く、断熱性や耐震性が一般的な注文住宅ほど優れていないこともあります。もちろん前提として現在の住宅が満たすべき基準は達成しているものの、一般的な注文住宅より安価な材料や設備を使用していることが多い分、耐久性は期待できません。寿命が短めなことが多く、長くその家に住みたい場合かえってメンテナンスコストが割高になることもあります。

ローコスト住宅を買うときには、間取りが重要です。家族の人数や生活スタイルに合っているのか、間取りをしっかりチェックしておきましょう。

Tuesday, May 21, 2024
Menu